比較してみよう!仮想通貨売買の販売所と取引所

仮想通貨のフリーマーケット?取引所のメリットとデメリット

儲けを出したいなら取引所?

実際、取引所での仮想通貨の取引がどのように行われているか簡単に説明すると、取引所の「板」と呼ばれる、仮想通貨の種類や購入の希望量や価格に対する売却が示してある情報を元にユーザー同士の取引を行います。

このようにユーザー同士の売買を行うのが取引所で売買時の手数料が販売所よりも圧倒的に安く抑えられるために、少額のやり取りでも経費である手数料をおさえられる事により利益を上げられるのが取引所の最大のメリットです。
また、中級者になると多くの取引所を利用し、安く取引できる取引所で購入して、高く売れる取引所で売却することで利益を上げることもできるのがユーザー同士の取引で価格にばらつきが大きい取引所の魅力です。

買いたくても買いにくい?取引所

取引所のデメリットはユーザー同士の取引であるところからきています。
まずは「注文通りに買えないことがある事」です。これは取引所でおこなわれる指値注文を利用したときに発生しやすくなります。指値注文は指定した金額で買うというものですが、ユーザー同士の取引であるために希望金額で取引に応じてくれるユーザーがいないと購入することが出来ないからです。

次は「銘柄が少なく、売買量も限られている」点が挙げられます。ユーザー同士の売買であるため、取引所で売買可能な仮想通貨の銘柄が少なく、取扱量も少ないので、安定して大量に購入したいのなら販売所の方が適していると言えます。

最後に「成行注文した際に高値で購入してしまう」これは価格の変動が激しい仮想通貨では起こりやすい現象で注意しなければなりません。